歴史を松山城で感じ、新しい「鯛飯」を知る

LCC航空券で松山までのチケットが安く取れたので、旅行しました。
やっぱり松山といえばお城という事で、一番に観光しに行きました。
江戸時代よりも昔に建てられたと説明書きされていた事にビックリ!そんなに昔からのお城がよく今でも残っているなと感心します。
お城から少し行った所に道後公園というのがあってこれもまたのんびりとした非常に綺麗な公園で、なんだか時間がゆったりとしていました。
更に愛媛県ならではの道後温泉。
温泉は大好きなので、とても楽しみにしていて、道後温泉本館へ行ったのですが、この建物も松山城を意識しているのか、お城のような建て構えで驚きました。
温泉は気持ちよく、1日に3回は入るように心がけ、どんどん肌がすべすべになっていき、毎日温泉があるような生活がしたいなと思いました。
松山のご当地グルメは何かな?と友達が携帯で探すと、「活き鯛飯」というとても魅力的なご飯にヒットし、是非これは食べないと!という事で、宿の人に聞いて、食べに行きました。
十五万石というお店の名前だったような気がします。
愛媛、松山の人は炊いた「鯛飯」も食べるけれども、お刺身が乗っている「鯛飯」も両方食べるとお店の人が言っていました。
なので、松山だからといっていつも新鮮な方ではないようです。
新しいご飯に出会えた感じでした。
とても楽しい松山巡りが出来たと思います。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »