沖縄のアイスクリームと言えばブルーシール

沖縄でアイスクリームを食べたいということであれば、ブルーシールが有名ではないでしょうか。元々は米軍基地にあったアメリカ人向けのアイスクリームショップだったわけですが、沖縄の人たちにも味わってもらいたいということで、1963年に浦添市牧港に1号店がオープンして現在に至っています。沖縄のアイスクリームと言えばブルーシールと呼ばれるほどになっています。ここではブルーシールの魅力について紹介していきます。

メニューは豊富にある

ブルーシールと言うのはサーティーワンアイスクリームやハーゲンダッツのようなアイスクリームチェーンの一つです。定番のアイスクリームやソフトクリームのほかに、クレープやパイの上にアイスクリームを載せたものもあります。メニューとしてはたくさんありますし、30種類ものフレーバーが用意しております。

フレーバーは定番のバニラやチョコチップなどのほかにも、紅芋やシークヮーサー、サトウキビ、塩ちんすこう、グリーンミントにチョコチップを組み合わせたサンフランシスコミントチョコなどもあります。沖縄ならではの味もありますので、店に訪れたらぜひとも食べてみてください。

全国発送もできる

観光客がブルーシールのアイスクリームをお土産として持って帰りたいとするときには、お土産用にパックの発送も受け付けていますので、安心してもらって構いません。詳しくは店頭のスタッフに尋ねてみてください。自分用にはすぐに食べて、家族用にお土産としてて直送してもらうというのもいいのではないでしょうか。

ブルーシールではアイスクリームだけでなく独自のグッズもありますので、お土産として持って帰るのもいいでしょう。ブルーシールのロゴが入ったクリアファイルやノート、Tシャツ、ペン、スマホケースなどがありますので、こういうものを記念として購入するのもアリです。

牧志本店にブルーシールアイスパークができる

牧志本店にブルーシールアイスパークと呼ばれる体験型ミュージアムができます。そこではアイスづくりが体験できたり、製造過程を見学することができたり、ブルーシールの歴史を学ぶことができるようになります。施設ができた暁にはブルーシールのことを知る上でも言ってみるといいでしょう。

沖縄でアイスクリームを食べるなら、ブルーシールでどうぞ

沖縄でアイスクリームと言ったらブルーシールと呼ばれるくらいに代表的な会社になっています。メニューは豊富にありますので、お好みの味を探してみるのもいいでしょう。